医療法人筑水会 筑波クリニック(ちくばクリニック)

筑波クリニック ホームページ
診療日カレンダーはこちら
メディア紹介記事
院長ブログ
稲葉家の歴史
筑波家の歴史

院長あいさつ

 当クリニックのホームページをご覧頂きありがとうございます。筑波家は、幕末の時代よりこの地で医療を継承し続けて医家として当方で7代目、筑波家としては15代目になります。筑波家代々の医療を継承すべく、また地域医療を崩壊させていはいけない思いでこの地区に平成8年8月に開業しました。

その後、平成18年1月に新築移転して現在に至っています。大分中心部から中九州道を車で走って1時間ほどの国道57号線沿いに位置します。
クリニックの横には小川が流れ、木々と田園に囲まれたマイナスイオンたっぷりの診療所です。地域に密着した家庭医として大野町や朝地町の患者様を中心に、国道沿線の市町や三重町緒方町など広い地域から患者様も来院され、日々診療に励んでおります。

開業に至るまでと今

 開業前に11年間在籍した大分医大(現大分大学医学部)第一外科で研鑽を積んだ消化器系疾患を専門としながら、変形性膝関節症や50肩、坐骨神経痛などの整形外科疾患や、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症などの内科的慢性疾患、または、発熱、外傷などの急性疾患と幅広く一般内科外科総合医として日々診療をしております。

診察にかける想い

 当クリニックは開業当初より院内処方とジェネリック薬剤の積極的使用を基本とし、患者様へ投薬による経済的負担の軽減を図ると共に、勤務医時代に培われた質の高い医療の提供を信念としております。また介護施設の併設や施設嘱託医はしておらず介護保険にたよりすぎないで、あくまでも通院や往診による在宅医療を中心とした地域に根ざした「かかりつけ医」を目指しています。

当地域は商業施設も少なく交通の便も悪く、決して利便性に恵まれていませんが、当クリニックのスタッフの熱意や努力とともに日々診療の中で患者様との信頼関係を築き上げ、今後も患者様ならびにご家族の健康とご多幸を第一とした医療を展開してゆきたいと思います。
院長 筑波 貴与根

昭和36年

昭和55年

昭和61年

昭和61年

平成元年

平成2年

平成5年

平成7年

平成8年

平成10年

平成18年

大分県豊後大野市大野町生まれ

福岡大学医学部入学

同上   卒業

大分医科大(現大分大学医学部)第一外科入局

大分赤十字病院外科出向

東京築地国立がんセンター研究所病理部出向

大分医科大(現大分医学部)第一外科助手

臼杵市医師会立コスモス病院外科部長出向

筑波クリニック開業

医療法人 築水会設立

クリニック新築移転 現在に至る

資格及び兼務

平成8年 大分医科大(現大分大学医学部)学位記博士号取得(医博論第93号)
論文題目   核DNA量と対比したhst-1がん遺伝子増幅の食道癌腫瘍内不均一性に関する研究
所属学会 日本外科学会
役職兼務 豊後大野市医師会副会長