医療法人筑水会 筑波クリニック(ちくばクリニック)

筑波クリニック ホームページ
診療日カレンダーはこちら
メディア紹介記事
院長ブログ
稲葉家の歴史
筑波家の歴史
筑波家の歴史

岡藩の御典医そして、奥豊後の赤ひげ先生

筑波家はもともと岡落の藩医の家柄です。筑波家の起源は常陸国筑波郡に発しますが、天正年間久住南山城主志賀常陸介に勤士し、戦国時代、落城の際浪人となり、大野郡郡山に住んだ筑波雅楽頭友利の9代の孫謙斎資冨が初めて医を業とし、岡藩に仕え藩医となりました。

2代目益之は石田玄湖の次男で養子となり、御番医格でした。

3代目は玄仲といい、直入郡中角村に住む上村栄伯(眼科医)の子で、藩命により養嗣となりました。御目見医師御藩格から次席医師に昇進しました。玄仲は非常な読書家であり、文化人で、赤座再生、田能村如山、衛藤大県、大原大雪、入田被雲等と交遊し、しばしば参寥亭にて会合し、酒宴を開き、興に乗じて詩歌を賦したといいます。(注:岡藩における町医師の格付けは次の通りです。高位から御匙医師、御手医師、御手医師並、御番医師、御目見医師、目代医役、目代役次席)

大分県立医学校・長崎医科大学、そして北里研究所

4代目直(すなお)は安政3年(1856年)首藤玄甫の次男として生れ、明治5年筑波玄仲に医学修行のため入門し、その後玄仲の養子となりました。明治13年(1880年)11月、第2回の生徒募集で、大分県立医学校に入学、明治19年(1886年)5月に 卒業しています。この大分県立医学校は、明治13年3月に開設されました。その後、病院長の島潟恒吉により私立大分病院となり、10年後の明治32年(1899年)に再び大分県立病院として復活し、今日に至ります。

5代目は長男の義彦(熊本医専卒)が継ぎましたが、三男の秀彦は長崎医専(長崎医大の前身)に進学し、大正10年(1921年)に卒業しています。

卒業後、北里研究所に入り、サルバンサンで有名な秦佐八郎に師事し研究指導をうけましたが、若くして病没しました。

6代目は、筑波貞男(現・三重神経内科医院院長)で、当方は7代目に至ります。

資料01
資料02
資料03